Please select your language, thank you!


脳科学コンディショニング療法

所長新井の開発した脳科学コンディショニング療法は① ストレッチ筋膜法と② カイロプラクティック呼吸法という2つの独自の手技を融合療法です

痛みの改善ケアにより潜在能力を呼び覚まします

  

① 独自の矯正技術カイロプラクティック呼吸法

骨盤矯正・脊柱矯正を 自然な呼吸活動による筋肉の動きを利用して歪みを調整する新技術です

関節をポキポキしないから痛くありません

 体へのダメージを最小限にして数ミリ単位の精度で矯正することを追求した最先端技術です

 

② 独自の矯正技術ストレッチ筋膜法

筋膜の連結を利用してコンディショニング

リンパや血液の吸収作用でムクミの改善ケアをします

MPCアプローチにより痛み・違和感を和らげながら神経・筋を目覚めさせ動きやすい体に変わります。

脳科学コンディショニング療法により痛み・違和感をもみほぐしをされたようなリラクゼーション効果

神経・筋を目覚めさせ痛みを和らげなが動きやすい体に変わります

 

膝の痛みの原因が腰のゆがみから由来している時があります。原因の部位を直接・間接的にアプローチして悩みの解決をお手伝いします。

脳科学的アプローチによりつまずきやすさ・動きにくさ・関節のお悩みの解決をお手伝いします


ストレッチ筋膜法とストレッチ

筋を少しストレッチした状態(筋が完全に伸ばされていない中間域)で筋トレする方が安全と報告されているのでストレッチ筋膜法は弱った筋肉や痛い筋肉に直接ストレッチしません

 

安全にストレッチ効果を得るため目的の部位と遠隔の健常な部位の抵抗運動を行います

 ストレッチ筋膜法は抵抗運動により筋膜を介して間接的に目的の筋肉を少しストレッチした状態(中間域)で筋トレする方法です

 

ストレッチ筋膜法はリラクゼーション効果とその後の脳の活性化を生じさせます

ストレッチ筋膜法(間接的ストレッチ)が有効です

筋膜は個々の筋また筋群を包んで他の筋はまたは筋群および周囲組織を隔離する一種の線維性膜です

筋膜は足の筋群から手の筋群まで連結しています

 

筋膜は筋の保護膜であると同時に他筋の起始または付着点となるばかりでなくリンパまたは血液の吸収作用を間接的に助けます

 

呼吸とストレッチ筋膜法

 

呼吸により横隔膜が収縮すると、筋連結した腹横筋も収縮します

腹横筋は胸背筋膜を介して3kgの力を伝達する能力があります

 

胸背筋膜は手、頭、足の筋に筋膜により連結しているので 深い呼吸により横隔膜から手足に力が伝達されています

 

呼吸運動に対して一定の方向で適度な力で抵抗を加えると力が伝達され遠隔の筋肉は伸張 (ストレッチ) され遠隔の筋肉を刺激することができます

 

 

呼吸により筋連結した遠隔の筋が収縮させリラクゼーション効果と筋力の強化をする手技がストレッチ筋膜法です

 

 

 

筋肉が弱って痛みがある場合のアプローチ法です

KARADAコンディショニングスタジオi-Potential(銀座アイ-ポテンシャル)


直接ストレッチや通常の筋トレよりも柔軟性の増大や筋力アップできることが証明されています

脳科学的証明

■ Shiratani T, Arai M, Kuruma H, Yanagisawa K. The effects of a static contraction of pelvic posterior depression on the brain activities induced by a fMRI in the normal volunteers. 8TH International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (Cancun) 2014.

 

■Shiratani T, Arai M, Kuruma H,et al. A comparison of the movement directional related activity of antagonist resistance exercises using fMRI. J Rehabil Med (suppl 54). S416-S417, 2015.

 

■Shiratani T, Arai M, Kuruma H, Masumoto K. The effects of opposite-directional static contraction of the muscles of the right upper extremity on the ipsilateral right soleus H-reflex. J Bodyw Mov Ther. 2017;21(3):528-533. doi: 10.1016/j.jbmt.2016.08.004. Epub 2016 Aug 12.

 

臨床的証明

上下肢の骨折後の筋力回復

■ Arai M, Shimizu ME, Tanaka Y, Yamakou T, Tatsumi M, Yanagisawa K: Determine the least amount of work load inducing irradiation of the affected rectus femoris considering the degree of knee flexion of the affected side. 13TH INT'L CONGR WCPT Proceeding, 371, 1999.

■ Arai M, Shimizu H, Shimizu ME, Yanagisawa K, Tanaka Y: Effects of the Use of Cross-education to the Affected Side through Various Resistive Exercises of the Sound Side and Settings of the Length of the Affected Muscles. Hiroshima J Med Sci. 50(3):65-73, 2001.  

■ Arai M, et al.Comparison of the directional after-effects of static contractions in different positions of the upper extremity and different strengths of pinch force on the improvement of maximal active range of motion of the wrist joint in normal subjects. PNF Res 14(1):11-19. 2014.    

■ Arai M, Shiratani T. Effect of remote after-effects of resistive static contraction of the pelvic depressors on improvement of restricted wrist flexion range of motion in patients with restricted wrist flexion range of motionJ Bodyw Mov Ther.  19(3) 442-446   Jul 2015.   

■ Arai M, Shiratani T. Comparison of the effects of remote after-effects of static contractions for different upper-extremity positions and pinch-force strengths in patients with restricted wrist flexion range of motion. J bodyw Mov Ther   19(4) 624-628   Oct 2015. 

                  

腱板損傷患者の運動能力の回復 

 ■ Arai M, Shiratani T : The remote after-effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors on the improvement of active hand-behind-back range of motion in patients with symptomatic rotator cuff tears, Biomedical Research 23(3) : 415-419, 2012.   

                          

変形性膝関節症 の運動能力の回復

■ Masumoto K, Arai M, Shiratani K, Akagi S, Shimizu A, Tsuboi A, Yanagisawa K, Shimizu ME : Effect of hold relax involved passive stretching of the target muscle and sustained contraction facilitation technique in the middle range of motion of PNF on the active range motion of the knee joint in orthopedic patients. PNF Res 13(1). p1-7. 2013.

■ Shiratani K, Arai M, Masumoto K, Akagi S, Shimizu A, Tsuboi A, Yanagisawa K, Shimizu ME : Effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors technique on the passive range of motion of the knee joints in patients with lower-extremity orthopedic problems. PNF Res 13(1). p8-17, 2013. 

■ Shiratani T, Arai M, et al. Effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors technique on the active range of motion of the knee joints in patients with lower-extremity orthopedic conditions. PNF Res 14(1): 1-10. 2014.

・清水千穂,新井光男,黒田剛一,他:ホールド・リラックスおよび骨盤後方下制に対する抵抗運動が高齢者膝関節伸展可動域におよぼす影響.PNFリサーチ.7(1)p79-842007

 

腰痛の改善

・道祖悟史,新井光男,清水一,他:骨盤の抵抗運動が腰痛に及ぼす即時的効果.PNFリサーチ.7(1)p1-52007

 

 

 

KARADAコンディショニングスタジオi-Potential(銀座アイ-ポテンシャル)


痛み改善コース

ボキボキ力を入れて行うのではなく優しいソフトな施術でアッと驚く整体に不思議な整体と話題

 

★どこへ行っても改善されずお身体にお悩みを抱えていた方も驚異の変化に感動♪


美姿勢痩身コース

腰痛/肩こり/ポッコリお腹とあらゆるお悩み改善しながら美姿勢とリンパの流れを改善し代謝アップで痩身とバネのある体幹を獲得!

◎究極神業整体をご体感!

 



スポーツ復帰リハコース

スポーツ復帰をあきらめかけている方ぜひご体験ください!

★あなたのケガの痛み・原因となっているトレーニング法を修正します

 

★運動特性に適応するための身体作りのためのコンディショニングを提供します!


脳卒中のリハビリコース

★運動麻痺により歩行が困難な問題点にたいしてコンディショニングをしてリハビリを目指します!

 

★左右差の増大の修正により痛み・違和感の改善と筋力低下に対応したコンディショニングをします!

 

★効率的な動きにより疲労しにくい身体にコンディショニングすることにより歩行速度のアップ!



脳科学アプローチ