有楽町線銀座一丁目 [6番出口】徒歩1分

Karadaコンディショニングスタジオi-Potential

スポーツ復帰をあきらめかけている方ぜひご体験ください!

★あなたのケガの原因となっているトレーニング法を修正します

★運動特性に適応するための身体作りのためのコンディショニングを提供します!

 

 

初回限定 90分スポーツ  コンディショニングコース

 

病院での治療やリハビリが終わっても腰痛や膝痛によりスポーツ復帰が困難な場合に最適なコース

★あなたの痛み・ケガの原因となっているトレーニング法を修正します

★運動特性に適応するための身体作りのためのコンディショニングを提供します!

施術を体験していただき、可能性があれば3ヶ月のプログラムでスポーツ復帰できるようにサポートします!

 

初回限定 カウンセリング付き

料金:90分 15,000円 税込み

 

継続される場合の回数、料金、1週間の頻度は体力・疲労感等により相談して決めます

 


90分スポーツ復帰3ヶ月コース

3ヶ月の目標を設定してリハビリ

病院での治療やリハビリが終わっても腰痛や膝痛によりスポーツ復帰が困難な場合に最適なコース

 

納得のいく目標を決めてゴール達成のためのサポートをします

★あなたの痛み・ケガの原因となっているトレーニング法を修正します 

★運動特性に適応するための身体作りのためのコンディショニングを提供します!

 

脳科学コンディショニング」

カイロプラクティック呼吸法・ストレッチ筋膜法 (肩甲骨・頭蓋骨・骨盤ストレッチ筋膜法) 90

料金:90分 20,000円 税込み

 

継続される場合の回数、料金、1週間の来店頻度は体力・疲労感等により相談して決めます

 

(目標)

運動時、安静時の腰痛・膝の改善ケア

・リラクゼーションとパフォーマンスの増大の獲得を同時に行える最強のコンディショニング!

スポーツ特性による左右差の増大の根本改善によるリハで潜在能力を呼び覚ましパフォーマンスの発揮を目指します 

 


120分スポーツ復帰コース (プロ用)

1ヶ月の目標を設定してリハビリ

 

病院での治療やリハビリが終わっても腰痛や膝痛によりスポーツ復帰が困難な場合に最適なコース

 

 (1ヶ月間の全額前金制ではなくコンディショニング日ごとのお支払いなのでコース途中で中止可能です)

★あなたの痛み・ケガの原因となっているトレーニング法を修正します

★運動特性に適応するための身体作りのためのコンディショニングを提供します!

 

 料金:120分 90,000円 税込み

 

継続される場合の回数、料金、1週間の来店頻度は体力・疲労感等により相談して決めます

 

運動時、安静時の痛みの改善ケア

・リラクゼーションとパフォーマンスの増大の獲得を同時に行える最強のコンディショニング!

スポーツ特性による左右差の増大の根本改善によるリハで潜在能力を呼び覚ましパフォーマンスの発揮を目指します 

 

 


完全予約制・完全個室

理学療法士歴40年の公立法人首都大学東京元教授(定年退官2019年3月)の所長が開発した新井式整体法

「脳科学コンディショニング」

美姿勢・滑らかで効率的な動きを獲得できるようにサポートします

理学療法士歴40年の超ベテラン所長が身体の根本から見直しその場の効果だけでなく持続・改善へと導く本格整体!

 

速効性&結果重視

本格整体でどこに行っても改善されなかった貴方のお悩み解決!

施術後あっと驚く効果に感動&やみつきに!!

速効性&結果重視を求める方 ご体験ください!

 

長期目標にも対応

速効性と積み重ねた効果(経時的効果)により目標達成をサポートします


すべての施術は所長が行います

KARADAコンディショニングスタジオi-Potential(銀座アイ-ポテンシャル)



所長のスポーツ関連・腰痛著書

■新井光男,柳沢健: 痛みに対するPNFモビライゼーション.理学療法. 23(1):195-200,2006.

 

■ 新井光男, 柳澤健: 腰痛症のリハビリテーション PNF・PNFモビライゼーション手技. 全日本病院出版会, MB Med Reha, 全日本病院出版会,98:33-40, 2008.

 

■ 新井光男, 柳澤 健:腰痛症とそのリハビリテーションを利用したトレーニング. 福林 徹 編:アスレティックリハビリテーションガイ,2008. p91-98

 

■ 新井光男:モビライゼーションPNF, 2009.

脳科学コンディショニングはコンディショニング直後はリラクゼーション効果が高く、その後の運動能力が高まります

図 ジャンプ力もアップ!

所長の研究論文

fMRI (脳の血流量の変化を分析) により 運動方向により脳活動(fMRIで検証)に及ぼす効果に差異があり効率的な運動方向を明らかにしました

■ Shiratani Tomoko, Arai Mitsuo, Kuruma Hironobu, Yanagisawa Ken. The effects of a static contraction of pelvic posterior depression on the brain activities induced by a fMRI in the normal volunteers. 8TH International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (Cancun) 2014.

 

■Shiratani Tomoko, Arai Mitsuo, Kuruma Hironobu, Nitta Osamu, Matsuda Tadamitsu,Yanagisawa Ken. A comparison of the movement directional related activity of antagonist resistance exercises using fMRI. J Rehabil Med (suppl 54). S416-S417, 2015.

 

■Shiratani T, Arai M, Kuruma H, Masumoto K. The effects of opposite-directional static contraction of the muscles of the right upper extremity on the ipsilateral right soleus H-reflex. J Bodyw Mov Ther. 2017;21(3):528-533. doi: 10.1016/j.jbmt.2016.08.004. Epub 2016 Aug 12.

 

 

■  Ide N, Shiratani T, Hobara R, Arai M. Effects of opposite directional resistive static contraction of the muscles around the scapulae on the unexercised contralateral soleus H-reflex. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), 2468. Paris, France.

 

 

■Hobara R, Shiratani T, Ide N, Arai M. Effects of different directional static contraction of the right upper extremity on the contralateral left soleus H-reflex. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), Paris, France.

 

 

腱板損傷への効果(上がらなかった腕が上がるようになりました)の論文

  Arai Mitsuo, Shiratani Tomoko. The remote after-effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors on the improvement of active hand-behind-back range of motion in patients with symptomatic rotator cuff tears. Biomedical Research (2012) Volume 23, Issue 3

 

 

膝関節障害への運動能力の回復の科学的効果の論文です

■ Masumoto K, Arai M, Shiratani K, Akagi S, Shimizu A, Tsuboi A, Yanagisawa K, Shimizu ME : Effect of hold relax involved passive stretching of the target muscle and sustained contraction facilitation technique in the middle range of motion of PNF on the active range motion of the knee joint in orthopedic patients. PNF Res 13(1). p1-7. 2013.

■ Shiratani K, Arai M, Masumoto K, Akagi S, Shimizu A, Tsuboi A, Yanagisawa K, Shimizu ME : Effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors technique on the passive range of motion of the knee joints in patients with lower-extremity orthopedic problems. PNF Res 13(1). p8-17, 2013. 

■ Shiratani T, Arai M, et al. Effects of a resistive static contraction of the pelvic depressors technique on the active range of motion of the knee joints in patients with lower-extremity orthopedic conditions. PNF Res 14(1): 1-10. 2014.

 

 

国際学会での脳活動や柔軟性の改善に関連した発表

■Arai Mitsuo, Michele Eisemann Shimizu, Shimizu ME, Yanagisawa Ken, Tanaka Yoshimi.  Effects of the use of irradiation to the affected side through resistively exercising the unaffected lower limb. 13th Int'l Congr WCPT Proceedings p.371, 1999.  

 

■ShirataniTomoko,MurakamiTsuneji Arai Mitsuo,Michele Eisemann Shimizu . Validating the relationship between the somatosensory evoked potentials and recovery of sensation and motor ability in stroke patients, 15th Int'l Congr (Vancouver) WCPT PROCEEDINGS, RR-PO-24-18, 2007.

 

■ Arai M, Shiratani T, Shimizu MS, Shimizu H, Tanaka Y , Yanagisawa K : Remote after-effects of resistive static contraction of the fingertips with the shoulder in a diagonal position on wrsit active range of motion. Proc. of 19th ISEK Cong. p365, 2012.

 

;■ Arai M, Shiratani T, Shimizu MS, Shimizu H, Tanaka Y , Yanagisawa K : Remote rebound-effect of resistive static contraction of lower trunk on the flexor carpi radialis H-reflext. Proc. of 19th ISEK Cong. 455, 2012.

 

■ Arai M, et al. Comparison of the directional aftereffect of static contractions through different upper extremity position and different pinch force strengths on improvement of maximal active range of motion of wrist joint in patients with orthopedic impairments. 8TH International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (Cancun) 2014.

 

■ Shiratani T, Arai M, Kuruma H, Nitta O, Matsuda T,Yanagisawa K. A comparison of the movement directional related activity of antagonist resistance exercises using fMRI. J Rehabil Med (suppl 54). S416-S417, 2015.

 

■  Arai M, Shiratani T, Kuruma H.  The effects of different force directions and resistance levels during unilateral resistive static contraction of the lower trunk muscles on the ipsilateral soleus H-reflex in the side-lying position. J Rehabil Med (suppl 54). S416. 2015. 

 

■Shiratani T, Arai M. Ide N, Hobara R. Remote after-effects of resistive static contractions of lower trunk depressors and upper extremity on muscle strength of the plantar flexor muscle after ankle fracture. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), 2461.Paris, France.

 

■Shiratani T, Arai M. Ide N, Hobara R. Remote after-effects of resistive static contractions of lower trunk depressors and upper extremity on maximal active range of motion of ankle extension in ankle fractures. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), 2455. Paris, France.

 

■  Ide N, Shiratani T, Hobara R, Arai M. Effects of opposite directional resistive static contraction of the muscles around the scapulae on the unexercised contralateral soleus H-reflex. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), 2468. Paris, France.

 

■Hobara R, Shiratani T, Ide N, Arai M. Effects of different directional static contraction of the right upper extremity on the contralateral left soleus H-reflex. Poster presented at the 12th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress (ISPRM 2018), Paris, France.

すべての施術は所長が行います

KARADAコンディショニングスタジオi-Potential(銀座アイ-ポテンシャル)